アニメあたしンち 情熱の赤い母、そして是が非~♪-中古本屋さん立ち読み日記-

アニメあたしンち 情熱の赤い母、そして是が非~♪ってどんな漫画?

タチバナ家には個性的な面々がいます。父はマイペースで、母は大雑把な性格で、二人とも九州出身です。二人の子供がいて、姉のみかんは高校生で、弟のユズヒコは中学生です。タチバナ家を中心に書かれていますが、それぞれを取り巻く事も書かれています。

アニメあたしンち 情熱の赤い母、そして是が非~♪のコミックを読んでみて

この本には前編、後編分けると、10個のお話が掲載されています。
どれも面白いですが、3個の感想を書きます。

「なんども確認」
母と、友達の水島さん、戸山さん、三角さんが出てくるんだけど、4人のやり取りが面白いです。
読んでいて、私もそういう事あると、共感する部分があって、自然に内容に入っていってしまいます。
私は戸締りしないで出かけた事はないのですが、鍵をかけ忘れる人が、以前身近にいたので、そんな事もあると思ってしまいました。

「みかん、あこがれの朝食」
私の朝食は、ほとんど軽い物で済ませています。
みかんがホットサンドを作ります。ホットサンドは、お洒落な印象があり、高校生だったら憧れると思います。
いつの日か、ホットサンドとサラダ。
そんなお洒落な朝食、私も食べたいです。

「うれし楽しや京都旅行っ」
前編と後編があります。
母と、友達の水島さん、戸山さん、三角さんが京都旅行に行きます。
私は、京都の街並み好きなんだけど、ずっと行ってないから行きたくなりました。
三角さんは結構上品な感じの人なんだけど、母は全然違う大雑把な所があるので、意外と良い組み合わせなのかなと思います。
水島さんは結構早とちりする所あって、他の二人にも話し、三人がかなり勘違いしてしまう展開があって、面白かったです。
最後は無事に収まって良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です