スラムダンク-中古本屋さん立ち読み日記-

スラムダンクってどんな漫画?

桜木花道は、中学時代に五十人の女の子に振られた経験を持っていた、そんな花道が湘北高校に入学すると、「バスケットははお好きですか」と赤木晴子 にバスケット部への入部を進められる。初めは、晴子目当てであった花道だが次第にバスケの魅力に引き込まれ、バスケットマンとして成長していく

 アニメにもなった漫画で、一大バスケットブームを巻き起こした有名な作品です。学生が読んだらきっと、バスケットマンになろうと思うでしょう(笑

スラムダンクのコミックを読んでみて

この作品の魅力は、何と言っても、王道を行ったスポーツ青春マンガである点につきると思います。主人公桜木花道・キャプテンの赤木・ガードの宮城・ 天才流 川・元不良の三井・副キャプテンの小暮など、個性的なメンバーが、時には対立しながらも、性格は全くバラバラだけど、インターハイ優勝へ向けて、努力して いく様子を丁寧に描いていきます。一つの共通の目標へ向けて、みんなで切磋琢磨し合いながら、努力して、それを、試合でぶつける、そういう学生スポーツ独 特の高揚感をこの作品以上に見事に描ききっている作品を僕は知りません。また、漫画的なビジュアル表現でも、画期的なことをした作品でもあります。特に、 インターハイ出場のかかった綾南戦のラストシーンで、一話丸ごと台詞なしで絵だけで、表現する場面は鳥肌が立ちます。あえて、台詞をなしにすることで、ス ポーツを観戦している時の、周りの音も時間も忘れて、試合の動きだけがスローモーションのように鼓膜に焼き付いている感覚をヴィジュアル的に見事に表現し ていて、全巻を通してみても、最も印象的です。作品の最後が唐突に終わりますが、読み終わったとき、続きを読みたいという気持ちがわき上がってくる名作で す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です