zetman-中古本屋さん立ち読み日記-

zetmanってどんな漫画?

手の甲に円状のこぶを持つ、強靭な肉体を持つ少年ジンは、ホームレスであるものの大好きなじいちゃんと二人で平穏に暮らしていた。しかし、ジンとじいちゃんの前に異行の殺人鬼が現れ、ジンの生活は激変することになる。。

zetmanのコミックを読んでみて

科学技術が非常に発達した近未来の日本が舞台である。大企業「アマギコーポレーション」の極秘研究で生み出された新たな生命体「zet」と「プレイ ヤー」 が入り乱れてストーリーを作っている。zetとして作り出されたジンは、それを作り出した神崎博士と幼少期を過ごす、手のひらの円形のこぶを目印にアマギ の関係者が付け狙う。同じ研究から生まれた「プレイヤー」が活動を始め一般人を襲撃し始める。さまざまな、クリチャ―が現れて、ジンと死闘を繰り返す。ジ ンは戦いの中で多くの親しい人を失っていく。zetmanとして覚醒していく途中で多くの苦しみを味わう。アマギの社長御曹司「コウガ」は、一般人である が、正義のヒーローになることにあこがれていた。事件の現場で、ジンと出会い正義のヒーローになるには、力が必要であると実感し、強化装備をまとうことに より力を得ることを進めながら、ジンと関わっていく。しかし、絶対の力は、非情な精神が必要と理解し、残忍な行動をとりだす。ジンとコウガのやり取りによ りジンがzetとして覚醒していく。ジンのzatとしての本当の覚醒がどのような結末になるのかが興味深い。また、プレイヤーの集団エルボの幹部たちの関 わりも興味深い。プレーヤーを管理し、一般社会で目立たなく生きていくことを目指していたが、ジンの影響力により裏返りという変形が始まった。一般社会で 突然、変形してクリチャ―となり人を襲いだす、今の社会でもたびたび事件といわれていることが発生するので、感覚が同化するように感じる。エルボの幹部 は、裏切ったプレイヤーの粛清を始める。そのような中でジンとコウガは出会い戦い、生きていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です